04Nov 2019
文章を読む力
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

最近の入試では国語ばかりではなく、社会や理科の文章もどんどん長くなっています。

国語は物語文だけで良い、という学校も現れましたが、その分ちゃんと、社会や理科の問題文が長くなっている。

「理科社会で、説明文の読解の試験をやっているようなものだから、国語は物語文だけで良い」と考えている学校もあるようです。

だから、5年生のうちからしっかり国語の読解力はつけていった方が良い。

これから小学校は英語正課の時代に入り、英語の成績がつくようになりますが、しかし、小学校で問える英語力には限界があるので、なかなか一般の入試には入りにくい。

それこそ英検2級ぐらいの力のある子ならとっても良いが、そうでなければやはりしっかりした読解力、記述力をもった子をとろうと思っている学校がほとんどです。

今、あまり忙しくて本を読めていない、というのは本当のことを言うとあまり良くない。国語の授業は受けているわけですが、これはやはり読書とは違います。長い文章をしっかり読めるようになるには、やはりそれなりの練習がいる。

入学試験合格のためには、塾の勉強に優先してやらなければいけないこともあるのです。

子どもたちに十分本を読める環境を作ってあげてください。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ

冬期講習のお知らせ

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
無料の学習相談も承っていますので、お子さんの学習でお困りのことがありまし
たら、お問い合わせください。
学習相談は中学受験について、すべて承っています。
お問い合わせはメールもしくはお問い合わせフォームよりお願いします。
メール info@freedomsg.net
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


今日の田中貴.com

集中的に弱点を補強する

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

本気を出し始めた子

慶應進学館から

面接は両親が揃わないといけないのか?

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 11/4/19, 4:05 AM