26Nov 2019
課題を再考する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

入試が近づいてきました

志望校も決まってきて、だいたいのスケジュールが固まってきたところで、もう一度勉強のやり方を考えましょう。

第一志望はどこなのか、その学校に合格するためには何をすればいいのか。

ここに焦点を絞っていく必要があります。

例えば、理科社会の知識が足りないのであれば、理科社会の知識を増やそうという手も一つですが、逆に得意な算数でその失点をカバーしよう、というのもひとつの戦略になります。

実際に理科社会は傾斜配点の学校が多く、算数が一問余分にできれば、合格点に届くという場合もあり得るわけで、どちらの方が効果があり、実現が可能か、ということを考える必要がある。

時間は有限ですから、そうたくさんできるわけではない。だから効果を考えた戦略が必要なので、残り何をやるのか、再考して焦点を絞っていきましょう。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。 以下からお申込ください。 無料です。

2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

お母さんが帰ってくるまで、先生とオンラインで文章読解の練習をしよう

フリーダム進学教室新5年生国語読解コースのご紹介です。
http://srol.info/kokugo


今日の田中貴.com

エデュテック(2)ー統合学習環境ー


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

受験勉強をすり抜ける


慶應進学館から

配点の違いを考える


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 11/26/19, 6:01 AM