02Dec 2019
競わせることに意味があるのか?
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

以前から中学受験は、子どもたちに成績を競わせてきました。

一番古い形であるテスト会は、授業はしませんが、試験範囲やテキストを決めて毎週日曜日に試験をする。

その順位や成績で、概ね自分の位置を知って、受験校を絞るということに使われてきました。しかし、子どもを競わせられると、どうしてもいろいろなところに力が入ってくる。

本当は入試の準備をするはずなのが、そのテストで良い成績を取ることがばかりに目が行ってしまいがちです。

これは今の時代も変わっていない。

塾に~クラス以上でないと御三家に入れない、などと言われると、もうそこへ入ることに目が行ってしまう。

でも、冷静に考えてみると、その試験が入試ではないのです、志望校の入試を調べてみれば、実はその試験とは全く違うことがわかるでしょう。でも、~クラスに入らないと、という気持ちから親も子もどんどん追い詰められていく傾向になっていきます。

それで親子関係がズタズタになってしまっては意味がない。これはあまり楽しくないなあ、と思ったら別の道を考えた方が良いのです。成績は自分が知っていれば良いので、自分で勉強してその成果をチェックし、勉強の状況を改善するというサイクルを続けていけば良いのです。

塾は公開テストをやっているのだから、いつでも全体の中の位置を知ることもできるので、そのデータも活かしていけばいい。

最後に志望校に合格することが一番大事なので、そのやり方を子どもたちの生活に合わせて家庭がしっかり考えていくことが大切です。


2019-2020 合格手帳12ー1月号を差し上げています。 以下からお申込ください。 無料です。

2019ー2020合格手帳6年生入試直前号申し込み

2019ー2020合格手帳4.5年生12-1月号申し込み

Newフリーダム進学教室からのお知らせ

お母さんが帰ってくるまで、先生とオンラインで文章読解の練習をしよう

フリーダム進学教室新5年生国語読解コースのご紹介です。
http://srol.info/kokugo


今日の田中貴.com

不合格はみっともないことではない


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

親の期待に添いたい子


慶應進学館から

中等部、国語の知識への対策


にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 12/2/19, 5:40 AM