12Sep 2020
なぜ答えがそうなるかを考える
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

過去問をやって答え合わせをする。

答えが違っている。あるいは全然出来ない問題の解説を読んでみる。

でも、それでもわからない、ということはよくあることです。でもまだ、それを諦めてはいけない時期でしょう。なぜそうなるのか、どうしてこの答えになるのか。

あと3ヶ月経ったら、もう切り捨てるしかない場合もあるでしょうが、今のうちはまだ考えられる。そしてそれを考えているときに、考える力がついている。問題に対応する力がついているのです。

すべてのパターンを網羅してやり尽くす、ということはできません。

ただ、修練を積んで、問題に対応する力をつけることは当然できる。そのコツは、わからない問題をじっくり考えることにあるのです。


今日の田中貴.com

模擬試験で時間が足りない

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

転居を前提とする学校選び

中学受験 算数オンライン塾

9月12日の問題
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 9/12/20, 4:57 AM