28Sep 2020
ピークを意識する
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

最近は、5年生で一応のカリキュラムが終わる塾が増えました。

早く終わるから、やはりバタバタしているところがあるので、そこでまあ1年近くかけて総復習をしていくわけですが、その中で同じことを何回か繰り返しやらされることがある。

集合塾の場合は、復習する内容も決められているから、だんだん飽きてくることがあるのです。

その結果、ピークを試験前に迎えてしまう子がいます。

ああ、あのときがピークだったなあ、と感じられてしまう。そんなことは以前はあまりなかったのですが、やはり受験準備が長いから、こういう現象も起きるようになる。

一方で、自分ができないことにあまり手が着かず、アンバランスな状態になっているケースもあります。

学校別出題傾向に合わせ、不得意なことが大方なくなってくるのが11月末。

そして12月、1月の2ヶ月で試験に対するいろいろなルーティンが身について、最後の方は「お、間違えなくなったね」という感じになるのが一番です。

したがって12月の摸擬試験でもまだ合格ラインに届いていない、ぐらいがちょうど良い。

11月ぐらいに突破してしまうと、そこからレベルを維持するのはなかなか大変です。とくに受験勉強に飽きないようにしていかないと、力は確実に落ちてしまう。

あと2週間ぐらいあれば、全部準備ができたかなあ、と思えるぐらいで迎えると、だいたいちょうど良い、という感じです。



今日の田中貴.com

校門前の応援、自粛要請

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

めんどくさがる子

中学受験 算数オンライン塾

9月28日の問題
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 9/27/20, 11:08 PM