29Sep 2020
合格可能性20%未満の表裏
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
模擬試験で出る合格可能性という数字。 もちろん100%という数字を出す塾はなく、良くても80%以上という表現になりますし、悪くても20%未満、ということにはなるのですが・・・。

しかし、判定のグラフはこんな風になっています。

見ていただいてわかるように、20%と80%の間が非常に狭い。

逆に20%未満は非常に広いことがわかります。 だから20%の数値をまず目指すべきなのですが、一方でだからこそ20%未満からの逆転はたくさんあるということもおわかりいただけるのではないか、と思うのです。

「20%未満の判定なんて、そんなところからの大逆転なんてすごーい」と思われるかもしれませんが、そんなことはありません。

20%未満の判定は幅が広いので、すぐ20%以上になってしまうこともありうるわけです。 

なので、数値にあまり惑わされてはいけない。

20%?5回に1回しか受からないのか?

いや、それも変な話であって、本番は100%か0%かなんですから、本番で合格点を取るために、あと何をやるのか、に狙いを絞っていきましょう。



今日の田中貴.com

情報錯綜中?

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

直前期、感染のリスクをどう抑えるか

慶應進学館から

作文練習

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村

最終更新日: 9/28/20, 11:29 PM