16Oct 2020
個の課題を優先するしくみ
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

スタディールーム、スタディールームオンライン、になって、子ども一人一人の問題がさらにクローズアップされることになりました。

集合授業であれば、少なくとも同じ学校を受ける子どもに対しては同じ教材をやってもらうことが多いでしょうが、しかし、本当はそれでは解決しないところがたくさんあるのです。

一人一人のデータを見ていると、「ここができていない」「ここがわかっていない」ということが出てくるので、それをまず何とか克服してもらわないといけない。

それを解決する手段を考えないといけなくなるのです。

ただ、それで間違いなく効率が上がっている面はあるのです。この後半で大分力をつけてきた子がいるし、摸擬試験の点数が一気に上がってきた子もいる。

子どもたちの負担は明らかに減って効率が一気に上がっているところはあるので、さらに対応を強化していきたいと思っています。



今日の田中貴.com

これが違う理由を考える

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

初めての受験だから

中学受験 算数オンライン塾

10月16日の問題
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 10/15/20, 10:10 PM