10Nov 2020
急いでいるから間違える
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
模擬試験も終盤にさしかかってきました。

しかし、それでもなかなかミスが直らない、という子も多いでしょう。

基本的に試験はみんな急いで解いているのです。ゆっくり解いている子はいない。

だから、急げば当然、ミスはしやすい。まず間違いなく読み飛ばすことが多いからです。

で、そこをどうコントロールするか。

「で、何を出すんだっけ?」もそうですが、急ぎの虫をどうやって抑えるか。

といってゆっくりやっていたのではこれもまた間に合わなくなるので、急いでしかし間違えない、というのが一番良いわけです。

そんな簡単にうまくはいかないのですが、しかし、こればかりは練習あるのみ。

模擬試験でも、過去問でも、この時期は時間を計って、自分が取れる最大の点数を取りに行く練習をしましょう。

その過程で、何をすれば良いのか、だんだん見えてくるはずです。

今日の田中貴.com

自分で学ぶ力

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

本人の意識を上げる

慶應進学館から

時事問題対策は必要

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ


最終更新日: 11/9/20, 11:08 PM