21Nov 2020
自分で考える習慣をつける
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から

どの学年の子どもたちにも自分で考えることを、まず求めます。

問題を解くにあたって、最初から教えない。

もちろん例題は別ですが、それ以外の問題はとにかくまず考えることを求めます。多少時間がかかろうとも、自分で問題に向かい、自分で考え、
自分で答えを出す。

自分の答えを間違えたら、どこを間違えたのかも考えてもらう。

それだけ時間がかかりますが、だからたくさん解かなくて良い。思考訓練がちゃんと積み上がっていくからです。

この思考訓練はある程度の学齢にならないと難しい。だから5年生から受験勉強を始める方が効率が良いのです。

いたずらに早くからただやらされていると、自分で考えることが少なくなり、思考訓練が積み重ねられないので、気をつけてください。



2020-2021 合格手帳 4・5年生用12ー1月号のお知らせ

今日の田中貴.com

子どもが伸びるチャンスはいくらでもある

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

自分が変わるしかない

中学受験 算数オンライン塾

11月21日の問題
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 11/20/20, 10:55 PM