24Nov 2020
下線を引いて安心しない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
模擬試験の問題用紙。

たまに、あちらこちら、というよりは、全部かなあ、と思えるぐらい線が引いてあったりするのです。

こういう子は下線を引く目的が多分、わかっていないのでしょう。

下線を引くのは、すぐに見直せるから。

例えば上流のAからBに、という条件は子どもたちが非常に見落とす条件のひとつですが、これに下線を引くことによって、
「上流はAだ」
と後からすぐ確認できる、ために引くのです。

ところが下線を引いたら、後は見ない子が結構多いのです。

下線を引いたからと言って大丈夫ではないのです。

ミスが減らない原因はまだまだたくさん残っているはずです。

今日の田中貴.com

過去問が終りません

中学受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

疲れに気をつける

慶應進学館から

タイムを気にすることはない

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ


最終更新日: 11/23/20, 10:42 PM