08Mar 2017
わからなくなったところを見つける
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
フリーダム進学教室Webコースはいつ入会されてもこれまでの教材、ドリル、動画授業を利用することができます。これは、もう一度前にやったところを復習できるようにするためだったのですが、いろいろな使い方を会員の方が実践されています。

 例えば、どうも最近わからないことが増えていると、感じられて入会されたケースでは、テキストの基本問題だけをやり直すことでどこでわからなくなったのかを見つけ出し、そこから、改めて学習しなおしているそうです。

確かにカリキュラムは毎週進むのでなかなか振り返ることができません。その点、フリーダムも同じではあるのですが、Webコースでは月例テストの提出期限に特に制限がなく、それぞれの試験を都合の良い時期に提出することができます。

記述添削があるので、期限を設けて添削機会がなくなるのを防ぐのが狙いだったのですが、実際には子どもたちの実情に合わせて勉強の進み方を変えられる、という点がプラスに働いている部分もあるようです。

とはいえ、もちろん入試まで締め切りがあるので、ペースは上げていかなければいけないのは事実ですが、無理矢理上げるのではなく、子どもたちの実力に合わせて少しずつ上げていけば良いので、まずはどこでわからなくなったのか、そこに戻ることも良い方法だと思います。


今日の田中貴.com
第262回 すべての解法を覚える必要はない

受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
要らないところはたくさんある

今日の慶應義塾進学情報
中等部、算数の入試傾向


最終更新日: 3/9/17, 5:55 AM