12Jul 2018
勉強する子にはかなわない
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から

多少、能力が高かったり、頭が良かったりしたとしても、やはり勉強しなければできるようにはならない。

自分で考える、自分で覚える、という作業をコツコツと積み重ねるからできるようになるわけで、それなくしてできるようになるはずがない。

しかし、幼い子にはそれがわかりません。何かもっといい方法があったりするのではないか。

そのうち僕もそういうので何かできるようになるのではないか。

なりません。

やはり勉強する子にはかなわない。

多少の能力の差があったとしても、勉強でカバーしていく子はいくらでもいる。逆に才能や力はあったとしても勉強しなければ、できるようにはならないから、やはり合格しない。

効率の良い学習システムを作ろう、と思っていますが、しかし、それもしっかりやらない限りできるようにはならない。

では勉強する子と勉強しない子の差はどこにあるのか。

やはり目標の学校に入りたいか、どうかでしょう。その思いが強ければ強いほど勉強するようになる。

どこでもいいから、入れれば、などというのはダメです。受験は「ここに行きたい」と思う子どもたちの競争ですから、まずその思いが強くなければ勉強しようとは思わないでしょう。

「行きたい、とは思うんだけどさ」でもダメです。

「絶対に行く」ぐらいの気持ちでないと・・・。


Newフリーダム進学教室からのお知らせ 2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

今日の田中貴.com

教えすぎ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

その場で見直すくせをつける


慶應進学特別から

調査書
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 7/12/18, 5:25 AM