24Jul 2018
個別指導、家庭教師の費用は高いのが当たり前?
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
夏休み、これが最後の長期休みだから、というので個別指導に合わせて行ったり、家庭教師を頼まれているご家庭も少なくないでしょう。

しかし、まあ、結構大変な金額になってくる。塾側から言わせれば、15人は教えられる先生を、1人に向けるのだから…という話になるわけですが、しかし、集合授業を比べられてもねえ、と思うところはあるわけです。

とはいえ、先生の人件費を賄わなければいけないのは事実。だから、それをどう効率良くするか、ということに工夫がないといけないのです。

例えばプロの先生でどうしても必要なのが、プラン作りでしょう。実際の子どもの状況や成績、志望校から判断して、何をどう進めるか、を決めるのはやはりプロならではのものが必要になる。

一方、わからない問題をどう教えるか、というのは、やる問題が絞られていれば、いろいろな先生でも可能になってくるところはあるでしょう。極端なことを言えば動画でも大丈夫なところはあるのです。

また子どもがしっかり勉強をしているか管理することも、分業してあたることで経済負担を減らすことは可能になる。

そういった諸々の工夫をすると、まだまだ努力できるところはあります。なので、そういうところを工夫したのが、現在のスタディールームオンライン。テレビ会議やWEB学習システムを使うことで学習を合理的に進める一方、プロ講師ならではのプログラム策定や受験校の絞り込みなどに注力してもらう体制を整えています。

この夏、もう少しがんばってみようか、と思われたらぜひお問い合わせください。



Newフリーダム進学教室からのお知らせ 2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

今日の田中貴.com

子どもの受験ですから


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

5年の夏休みから中学受験を始める(1)


慶應進学特別から

夏は算数をがんばれ
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 7/23/18, 12:59 PM