30Jul 2018
自信をつけるには
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 6年生の教室から
それでもやっている子はいいが、なかなかやる気を出さない子どもたちもいるものです。

では、どうしてやる気が出ないのか? 一番の原因は自信がないからです。

やり切れる自信がない。問題を解ける自信がない。

ということは、まずは自信を取り戻さないといけないわけで、そのためにたくさんの課題をやることがすべてとは限りません。

まずは何か、小さな成功をもたらすことが重要なことです。例えばテキストの復習でもいいし、問題集の宿題でもいい。

それが終わった時、あるいはできた時、実は何も反応してあげていないのではないでしょうか?

本人は結構がんばった、つもりなのです。

何言ってるの、まだやることはたくさんあるのよ!

確かに、その通りなのだけれど、でもそれをスルーされると、まあ、そう簡単にやる気が出る、ということにはなりません。

終ったら、できたら、少し時間をとって、アイスクリームでも食べながら、

「すごいわねえ。こんなにできたの。」

ぐらい言ってあげてもいいのではないでしょうか?

その一言の積み重ねが結構子どもたちには大きいのです。




Newフリーダム進学教室からのお知らせ 2018 合格手帳 夏休み特集号を無料で差し上げます。

今日の田中貴.com

締め切りを変えるシステム


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は

パソコンの扱いが上手な子


慶應進学特別から

前の方が難しかった?
にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(塾)へ
にほんブログ村
最終更新日: 7/30/18, 5:36 AM