29Mar 2018
もう一回かな
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
5年生がスタディールームオンラインで規則性の勉強をしておりました。

1回やったことのある範囲の復習なのですが、問題演習の結果をWEB学習システムのタイムライン(学習履歴が表示される機能)で見ていると、今ひとつ。

さらに子どもたちの答案を見てみると、答えは惜しいところまでいっているが、ミスも少なくありません。

「じゃあ、もう1回やろうか」

と話して、まずは動画授業の見直しから始めました。本人が間違えたところを重点的に見てもらうと、

「かんちがいしてました!」

だそうです。

自分の間違いは、自分でしか発見できないところがある。なぜ、そう覚えてしまったのかわからないが、そうなってしまっている。だから自分で発見できると、間違いは簡単に直ります。

月の満ち欠けを勉強していた他の5年生。

この子は大手塾に3年生から通っていたのですが、ハードな塾が嫌でスタディールームオンラインに参加しています。本人はお気に入りで、積極的に勉強に参加してくれているのですが、月の満ち欠けが始まったときは、

「あ、大丈夫です。前の塾で何回もやりました」

と言っていました。じゃあ、演習してみるか、ということでやってみると、結構間違える。

「じゃあ、ポイントだけ見直しますか。」
ということで、まだ授業を見てもらいました。

「忘れてました」

ま、そういうことも多々あるわけで、だんだんそうやって身についていくものなのです。

通信教育によっては、その月のものしかできない、というところもありますが、それだと「ここがわからない」と思った時に復習ができない。

だから、フリーダムは全カリキュラムにアクセスできるようにしています。あやふやだと思ったら、もう一度やり直してみる。

ここが力をつけるひとつの大切なプロセスです。

フリーダム進学教室無料体験実施中です。


フリーダム進学教室 新連載 学校訪問シリーズ
第1回 洗足学園中学

今日の田中貴.com
確かにどこでも勉強はできるが・・・


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
イベントや説明会の日程を確認する

慶應進学特別から
情報はいろいろ出てくるが





最終更新日: 3/30/18, 5:55 AM
28Mar 2018
式は常に書く
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
子どもたちが算数の問題を解いている姿を見ていると、たまに、ぐちゃ、っとたての計算式だけ書いて、答えだけA===と大書している子を見かけます。

多分、頭の中で思いつき、そして計算だけして、答えを出した、ということなのでしょう。

こういう子が最初にぶつかる壁は、おおぎ形の問題。

最後に3.14をかけて計算する、という手法をとるとなると、どうしても式を書かないといけないのだが、これまた書かない。こういう子は記述式の学校では、まったくといっていいほど部分点が取れません。そりゃあ、何やっているか、まったくわかりませんから。

なので、これは絶対に直します。さらに大事なのは、式の横にメモのように「何が出たかを書く」ことです。

A君の秒速なのか、Bまでの距離なのか。

このメモが案外ミスを減らす役割を果たしてくれます。

途中で勘違いをしたりすることは多いので、ABの距離だと思ったらACの距離だった。えっと、太郎君の分速は?というときに、メモに書いてあればすぐ見つかる。

これだ、これ。

といって式を書き直せばすぐに立ち直ることができます。

たまに見かけるのは、間違えた、と思った瞬間に全部消そうとする子。

これはやはり時間がもったいない。だから使えるところはないのか?まず、よく見てみることです。

いずれにしても、入試は丁寧さの勝負。

きちんと式を書く、という癖は早くからつけていきましょう。

スタディールームオンライン【無料体験受け付け中】です。ぜひお申し込みください。




今日の田中貴.com
第318回 体力に合わせて


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
やさしい出題が増えた?

中学受験 算数オンライン塾
3月29日の問題



最終更新日: 6/5/18, 8:08 PM
26Mar 2018
自分で勉強する力を引き出す
  • 作成者: Golilla  カテゴリ: 5年生の教室から
受験勉強は、教え込まないといけない、と考えている方が多いのではないか、と思うのですが、しかし、教え込んでも本人がわからなかったら、何にもならない。

知識にしても本人が覚えなければ何も使えない。

そういう意味で考えると、まず本人がどうするか、ということが大事なのであって、何を教えるか、どう教えるか、ということが大事なのではないのです。

しかし中学受験が低年齢から始まることになって、その構えができないまま、いろいろ教え込むことになってしまったので、「わかる」というよりは「わかるふりをする」という子が増えてきています。

何も別に欺こうとしているわけではないのです。その方が周りの大人が喜ぶから、そうしているだけ。でも、結局よくわからないなあ、と思っているフシがある。

それならば、本少しでも自分で理解できるようにした方が良い。

むしろ自分で勉強する力というのを引き出さないと、本当は先に進まないのです。

スタディールームオンラインでは、先生がカメラ越しに見ているので、先生と一緒に勉強している雰囲気を子どもたちが感じるせいか、集中して自分で考えるようになっています。

集中して考える時間が増えると、自分で勉強する、という感覚がはっきりしてくるので、どんどん勉強が効率化していきます。

早くから受験勉強を始める、ということよりも、まずは自分で勉強する、ということをしっかり練習して欲しいと思います。

スタディールームオンライン【無料体験受け付け中】です。ぜひお申し込みください。


スタディールームオンライン 生徒側画面の一例です。





今日の田中貴.com
志望校で果たしたい夢を持つ


受験で子どもと普通に幸せになる方法、本日の記事は
偏差値表のわな

中学受験 算数オンライン塾
3月27日の問題

フリーダム進学教室入会リーフレット







最終更新日: 3/27/18, 5:55 AM